読書について。

畑です。

以前、園児さんの教育関係の記事を読んでたら、子供の頃に絵本を読むことについてある考えが書いてありました。
確かこんな内容だった記憶…(ちょっと曖昧な記憶で申し訳ない)

映像からはその情景など刺激としてインプットされるけど、文字から言葉の使い方や表現を学ぶことはできない。
読書は読み手が物語のイメージを描きながら、感じたことを味わい作者に近づく行為。
自らが表現できる言葉を増やすには、一人で静かに味わう時間が必須。
そのためには良質の物語を読む事がおすすめ。

「ふむ、確かに」と思ったのです。

コーチングのセッションやいろいろな会の進行をしていると、自分の言葉の表現力を高める必要性をいつも感じています。
ブログを書き始めてそのニーズはさらに高まってます。

自分以外の方に、自分の伝えたいことをどう表現するか?

自分以外の方に自分の考えをそのまま理解して頂くって、基本的にできないと思っています。
だからこそ、伝えるために最大限に!必死に!ぴったりフィットするよう最善をつくすことが私の課題のひとつ。

表現力を高めるための読書。
読書から学んだことを消化して新たに発信すること。

最近は自己啓発書やビジネス系の本ばかり読んでいた私。
小説や物語系はあまり読まなかったので、ちょっとトライしてみようかな?

読書は自己成長を助けるために取り入れやすい方法のひとつ。
今年は本を読んでみませんか?

“読書について。” への4件のフィードバック

  1. より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ボケ防止にもいいと聞いて少しずつでも読むようにしてます(*^-')b

  2. みにみに より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私は色々そぎおとし、去年くらいからやりたいこと=読書一本に絞っております♪私の場合はマンガも含みます☆今年はどんな本と出会うかな〜(*^^*)

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >界さん
    ボケ防止!なんて素敵なフレーズ(笑)
    思わず今日の記事のネタにしていまいました〜♪
    感謝です〜^^

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >みにみにさん
    読書一本に絞りましたか!
    どおりで読書メーターのツイが多いと思った♪
    今度お勧め本&マンガを教えて下さいまし^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ