命のカウンセリング、読了。

はたくみです

ナースなお友達から「お勧めですよー!」とお借りしてる本。
号泣するって事前にわかってたので
心の準備ができたら読もうと
しばらく寝かせていたものを←人から借りてるのに(すまぬ)
先日読了しました。

『命のカウンセリング』

IMG_2163
↑予定通り涙

昨年の24時間TVのドラマの原作です。
私は途中30分程度見たのですが、そこですでに涙。

この本を読んで一番印象的なことは
本当に困った時に
自分から『助けて』と言うことの大切さです。

日頃から誰かのお役に立ちたいと願いながらも
私自身は『助けて』と言わないなぁ…。

そして『助けて』と言うのは
「あなたを信頼しています」
というメッセージを伝えることにもなるんだ。
そう、気づきました。

この本を読む前から
自分の気持ちとガチで向き合うことが増えていた私。

『助けて』というキーワードが
自分の気持ちに素直になることへの後押しとなりました。

この本お勧めです(本ありがとー!)

そして、らいちゃん、ありがとー♡←これは個人的に(笑)

=====
あしたてんきになあれ☆
人と仕事と生き方につながる力を育てよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ