言葉のボールの選び方に役立つものとは?

畑 久美子です

コミュニケーションはキャッチボール。

気持ちよいボールのやりとりをするのも、
ドッジボールのごとくぶつけるのも、
誰もいないところに投げるもの、
いろいろな理由で、それらの言葉のボールを選んだから。

言葉のボール選びは難しいなぁ…と感じる。
そんな時に、選ぶのに役立つ方法があります。

それは、聴くこと。
言葉だけでなく、自身の五感をフルに使って聴くこと。


just listen to her cropped / {studiobeerhorst}-bbmarie そう、聴くのです。

聴けば聴くほど、相手が思っていること、感じていること、伝えたいことがみえてきます。
相手の言葉だけでなく、視線や表情、雰囲気、仕草からもみえてきます。

聴けば聴くほど、言葉や言葉以外の奥にある本音のようなものに、気づきやすくなります。

聴くこと。
相手をできるだけ理解できると、自分の投げる言葉のボールも選びやすくなるのです。

「言葉のボールの選び方に役立つものとは?」の苗

●それは聴くこと
●言葉や言葉以外の奥にある本音のようなものに気づく
●相手を理解できると、言葉のボールも選びやすくなる

今日はどんな言葉のボールを投げようか?

仕事と生き方をつなぐコーチング!
~心の揺れに強い「自分の土台」を創り、お客様との関係性を高める苗(視点)を植えてます☆~

◎追伸
毎日、感謝の気持ちを持とう。
今日もそう感じる朝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ