それは「したい」ことなのか?「満たしたい」ことなのか?

はたくみです

英語はツールのひとつ。
|それは手段のひとつ。
仕事で英語を使うことが「目的」なのか?
|やりたい仕事には、英語が必須なのか?

そんなことを書いた昨日の記事。

きっと、大好きな英語でお仕事したいのだろう。
それが、その人にとっての大切な「したい」こと。

最近よく考えることに
それは自分の『したい』ことなのか?
それとも
自分の中の何かを『満たしたい』ことなのか?

うまー

↑これは私の甘いもの欲を満たしたものです。

「したい」なら、ついそれをやってしまうだろう。
~ぜずにはいられない。
can’t stop loving you で、愛さずにはいられない。

「満たしたい」の素にあるのは、『足りない』なんだろうな…。

本当に「したい」こと
足りないから「満たしたい」こと
この区別ができているだろうか?

自分の足りないから満たしたいを
本当にしたいことと読み間違えていないだろうか?
最近、そう自分に問いかけることが増えている。

ちょっとした気持ちや意欲の根っこが
どちら由来かを丁寧に確認することは
「変わりたい」から「変わる」へのヒントだと感じるのです。
(確認のコツはそれが良し悪しは別物だと意識すること)

今日も充実した1日を☆

=====
あしたてんきになあれ☆
人と仕事と生き方につながる力を育てよう!

セッション、やってます
どうしても気になる人はこちらへどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ