『〜なつもり』かもと自分を疑ってみる。

はたくみです

|わからないのだから
|「わかってないんだ」と実感すればいいのだと思うのです。
|ただそれだけ。
|そこに正しさは不要なのです。
|すると「わかったつもり」の呪縛から抜け出せるんだと思う。

そんなことを書いた昨日の記事。

わかったつもり
できてるつもり
知ってるつもり
やってるつもり

つもり、つもり…
あぁ、もうお腹いっぱいっすよ(なら書くなよ)

『~なつもり』状態に陥ってることは
なかなか自分では気づかない。
自分では
わかってる
できてる
知ってる
やってる
だもんね。

わかってないよ
できてないよ
知らないんや
やってないよ
と、誰かに指摘を受けるとぷんすかしたりする。
失礼だな、あんた!と。

ぷんすか怒ったり
腹が立ちすぎて悲しくなった時に
「ちょっと待てよ?私、ホントにわかってる(できてる、知ってる、やってる)のかな?」
そう自分に問いかけられるかが
『~なつもり』状態の自分から抜け出す分岐点とも言えるかもしれない。
『~なつもり』状態は捉え方によっては自意識過剰な面もあるし。
(あ、問いかけるときは、良い悪いや正しさのジャッジはなしを推奨)

その指摘はぷんすかと怒りが発動すると共に
過剰から中庸へと向かうための
今の自分を知るための
チャンスなんだと思うのです。

↑これも歌った(じょいふるね)

人の指摘、フィードバックは
いろんな人から同じことを何度も言われる内容ほど
重要事項なんだろな。

指摘下さる存在は、ホンマありがたいっす。
(いつもありがとうございます)

このケースでは
自分を疑う勇気→自分を信じる勇気
なんだろうな。
(あ、もちろん全部にはあてはまらんよ)

今日も充実した1日を☆

=====
あしたてんきになあれ☆
人と仕事と生き方につながる力を育てよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ