お誕生日月に思うこと。

はたくみです

2月は子どものお誕生日月です。
子どもが生まれてからは、1年の中でも2月はちょっと特別な月になったなぁ、と感じています。

11月後半から、切迫早産のため、自宅でひとり絶対安静の寝たきり。
2、3日に1回くらいのペースで、人と会話をする生活。
貧血起こして倒れても、助けはない。
筋力が落ちて一人で歩けないくらい弱ってしまった私は、
全て人に助けてもらわないと何もできなくなってしまった。

それなのに、みんなの「子どものために頑張って!」の励ましにうんざりして。

ゆらゆら

↑心の灯が消えないようにするのに必死でした。

当時は生きることに必死。
自分のためではなく、人のために生きることに必死で。
自分のために生きるなんて…。
私にはなんにも価値がないのに。

自分に価値を見出せない時期が長く続きました。

今になって思うことは
自分に価値を見出すのは、他者ではなく『自分』にしかできないことなんだ、と。
自分だけが自分に価値を見出すことができるんだ、と。

他者の評価は気になる。
でも、他者の評価のものさしは、他者のもの。

自分の大切にしているものさしで測ってこそ、充実感を味わうことができるんだと…。

子どもが1歳になる頃。
そう、この時期に初めて自分にコーチをつけた。
他者のために生きることから、抜け出すためのはじめの一歩でした。

2月は子どものお誕生日月で、コーチングを本格的にスタートした月。
私はコーチングがきっかけで、自分に価値を見出し、自分のために生きる力を取り戻したなぁ。
2月が来ると、いつもそう思い出すのです。

今日も充実した1日を☆

あしたてんきになあれ☆

人と仕事と生き方につながるコミュニケーション。
つながる力を育てよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ