実感に必要なのは当事者意識なんだろうな。

はたくみです

ここ数日、脳内独り言(セルフトーク)とか実感ネタで悶々してますが。

セルフトークにしろ実感にしろ
当事者意識が大いに関係しているなぁ、と。

私の場合
辛いのに必死に取り組んでいる時の
「もっと」「まだ足りない」や
何かチャレンジする時の
「無理じゃない?」と感じてしまう原因のひとつに
当事者意識が薄いから、とか思うのです。

カボチャ☆
↑あんた、自分のことまだまだわかっちゃいないね~!

当事者意識とは、自分自身が事柄に関係すると自覚していること。
それを自覚した上で、主体的に選択できるということ。

もっととか、まだ足りないって感じるのは
誰かに認めてほしいからであって
自分はどっかいっちゃってる状態とも言える。

無理じゃない?って感じるのは
私がしなくても他の人がやればいいじゃね?と
初めからさじ投げてる状態とも言える。

それ、それってあんたのことだよ!
人ごとじゃないよ!
なに逃げてんの?!

当事者意識は、自分の本気度としても測れるよね。

自分の価値観が機能するには
実感をともなう当事者意識が必要なんだろうな。

そう考えると
自分がどれだけ逃げてるか、よくわかるよ~(汗)

=====
あしたてんきになあれ☆
人と仕事と生き方につながる力を育てよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ