心にメスが…

畑 久美子です

朝、NHK朝ドラの「梅ちゃん先生」をよく見ています。

今週のお話の中で、こんな感じのセリフが出てきました。
ちょっとうる覚えだけど…

『人に知られたくない過去に 踏み込んでいくことは
心に 麻酔なしで メスを入れるようなもの』


Dinner is served. / Boudewijn Berends これはディナーやけど…。

聞いた瞬間、グッと身が引き締まりました。

このセリフは
・聴くことの重要性
・相手が語るまで待つことの重要性
に、直結している。

私も、お話する位置につくことが多い日々ですが

相手の方の心に、メスを入れてないか

いつも心にそう問いかけて、今の自分を確認するのです…。

仕事と生き方をつなぐコーチング!~心の揺れに強い「自分の土台」を創り、お客様との関係性を高める苗(視点)を植えてます☆~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ