流れに乗るって、その先につながってるなー

畑 久美子です

ここ数日、コーチングのサービス案内や、コーチングの基礎記事を連投していたので、フツーの記事を投稿するのは久しぶり

しばらく書いてなかったら…

えっと、この前は何書いてたんだっけ??

そうそう、『聴く』系のお話だった。

で、続きはどう書こうとしてたっけ??

ん?あれ?忘れちゃった 

あんなにいろいろアイデアあふれてたのに〜

加齢か??

加齢は避けられませんが(笑)
何とももったいないことをしました。
しっかりメモしておけばよかった 

違う流れ(サービス案内の投稿)に乗ることを選んだので、その時点で、私の意識の流れも変わってたんですね。

あふれていたアイデアと、お別れしたのは残念ですが
改めて気づいたこともあります。

それは、流れに乗るって、その先とつながってるなぁ、と。


(c) .foto project


流れに乗ると、どんどん次が見えてくる。
次が見えると、もっと先に行きたくなる

聴くネタを書いてた私には、次のネタがどんどん見えていた。
流れを変えたので、次にみえるネタも違うものに変わった。
だから、前のは忘れちゃったのです

そう思うと、ずーっと先にある「行きたいところ」を、自分で意識しているかどうかが大切…。

ずっと先にある「行きたいところ」が、自分でわかってなかったら…迷子になります。
同じ場所をグルグル。

館内放送の迷子のアナウンスで、気づくこともありますが、必ずかけてもらえるなんて保証はありません。

これをすると、流れが変わるぞ
そう「わかって」する行動と、「知らずに」する行動で、行き先の表示は違ってくるのです。

はじめての方へ
仕事と生き方をつなぐコーチング!
〜心の揺れに強い「自分の土台」を創り、お客様との関係性を高める苗(視点)を植えてます☆〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ