自分に正直に生きる。

はたくみです

さて、美香さんから借りているこの本。

IMG_2108

熱狂に縁遠いとブログ記事に書いたら
美香さんが『この本読みましたか?』と…^^

とことん自分と向き合った姿は
生きる本質を伝えてくれます。

著者の最後の部分に書いていたこの言葉が
とても印象的でした。

|自分は最後まで、自分に正直に生きてきた。
|濃い人生だった。
|そのことを、誇りに思う。

『正直』

この言葉は、私の中で、いつも高い壁のようにそびえたっています。

正直だったから
辛い思いを沢山してきました。

いじめられたし
不登校にもなったし
体も心も病んだ。

大人になっても
複雑な人間関係で
時折、足元がグラグラ揺らいでいる。

でも…
生きることに、とことん最後まで前向きに向き合った著者が
このメッセージを書いていることで…
正直でいいんだ、と思ったのです。

肝心なことは
『正直』の自分の定義が何でできているか?
なんだ。

そして、その定義は
自分で変えることができるんだ。

そんなことを、静かに涙しながら感じていたのです。

私も静かに熱狂してました。ふふ。

=====
あしたてんきになあれ☆
人と仕事と生き方につながる力を育てよう!

セッション、やってます
どうしても気になる人はこちらへどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ