見えない部分へ想いと感謝を伝える大切さ

畑 久美子です

昨夜は、なら燈花会へ行ってきました。
日曜日、お盆休みに入って、多くの方が訪れていました。

お盆。ご先祖さまが帰ってくる時。
先日の旅も、お墓参りが目的でした。
え?あんた、いっぱい遊んでたじゃないかって??
そうですが、何か?  

お墓参りでは、ご先祖さまにいろんなことを報告。
報告を要約すると、こうなる。
 ↓
いつも応援ありがとう。
これからも毎日ベストを尽くします。

ご先祖さまは、目には見えない。
でも、自分が意識すれば、いつも想いや感謝を伝えられる。

見えない部分へ伝えられるなら、
見える部分にも伝えられるはず。
そして、見えない部分を「感じ取る」こともできるはず。

見える部分。
それは、今生きている人達。今の環境。そして自分。

見えない部分。
その人達の、そして自分の、表面の奥にあるもの。

見えない部分へ想いや感謝を伝え、そこを感じ取ることは
大切な人やお客様との関係性を築くことと、同じ。
表面的ではない、見えない部分を大切にした関係性を築くことと、同じだと感じるのです。

あなたは、何を伝え、感じ取っていますか?
私も自問自答している、お盆です。


仕事と生き方をつなぐコーチング!
~心の揺れに強い「自分の土台」を創り、お客様との関係性を高める苗(視点)を植えてます☆~

◎追伸

たぶん鹿なんだろう。
私には、アンパンマンとバイキンマンを足して2で割ったようにしか見えないよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ