うまくいかない時にすることーざっくりと概要ー

畑です。

今日は不調…(ノ_・。)
朝、雨の中、自転車で園児さんを幼稚園に送迎しようとした時…

イテテテテテ…!!

お腹が痛い(。>0<。)
冷えたんですかね。
9月末に大腸ポリープも切除したから、その影響もあるのかな?
園児さんにはお詫びして、家に戻りました。
えぇ、お腹はピーッ(表現申し訳ないm(_ _ )m)、そしてぐったり脱水気味。

園には遅刻だし、このあとすぐオンライン英会話のクラスがあるし、お腹は痛いし、ふらふらだし、ちょっとテンパってしまいました。

お腹は痛いですが、気持ちは落ち着けて…
時間とお腹の具合にあわせて必要なことをできる順番でやりましょう、ということで。
1.むっ!ときたら、まずトイレに行く。
2.園児さんに状況を説明する(お願いもする)
3.幼稚園に連絡。この後のどうするかを伝える
4.英会話のクラスをどうするか考える→連絡
5.水分とって休む。

結局、園児さんにお詫びをして、幼稚園はお休み。
英会話のクラスは、先生に状況説明しつつなんとか受講。
午後からの予定は時間調整して決行。

ふー。

毎日必ず予定通りに行くとは限りませんよね。
誰しもうまくいかない時があります。
自分のミスが原因の時もあれば
突発的な出来事、避けられない状況の時もあります。

思っていたことや予定がうまく行かないと、正直テンション下がります。
期待の裏には、負の感情がついてまわってますし。
もやっと『もやさま』が現れることもあれば
『イライラさん』とか『メソメソさん』がお越しになることもあります。

さて、そこでどうするか!?

私がコーチングを学ぶ前だったら…
結構凹んだ気持ちを引きずっている事が多かったなぁ。
気持ちの切り替えがヘタ。
急な物事にできるだけ良い方法を選んで対処することは元々できました。
これはホテルのフロント勤務での経験が生きています。
そこは突発的事例が満載の職場環境でしたから。

うまくいかない時、私はよく次のような事を意識しています。

○すぐに手を打たないといけないことを見つけて、対処する
○もやもややイライラしてもOK!(そうなって当然)でも、まずは上記を最優先する
○手を打つ事がたくさんあれば、緊急性の高いものから手を打つ
○もやさまやイライラさんは持ってていいけど、他人に投げつけないよう注意する
○ちょっと落ち着いたら、見直す。

他にもある…。
これって1項目ずつでブログネタになりそうですね。
書いてて思たでー。

そして…思うのです。

描いた「ビジョン」と「期待」は別物。

この違いを…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ