アタリマエって何?

畑です。

以前からよく思うのですが

「フツーはxxするのがアタリマエやんな〜!」←あ、関西人なので関西弁です(*゚ー゚)ゞ
「そんなアタリマエのことも知らんの??」←あ、同様にこちらも(*゚ー゚)ゞ

というフレーズを耳にする時、アタリマエって何???と考えてしまうことがあります。
同時に違和感も感じます。
大抵会話がかみ合ってない時にそう感じることが多いです。

逆に同じ価値感や考え方の人と会話していたら、そのアタリマエは共感(わかる、わかる〜!)へと変わります。

価値観や考え方の違いから感じるギャップって大きいですね(・・;)
とはいえ、さまざまな人達と関わりながら生きている私たちですから
同じタイプの人とだけお付き合いしていくわけにもいきません。
できれば心地よい会話で関われると…日々が過ごしやすいかも…でも、なんでも相手にあわせればいいってものでもないです。

よく考えてみると
ある人がアタリマエとかフツーとか思っていることは、他の人にはそうではないかもしれません。
自分のそこにこだわって、自分が身動きとれなくなるのはしんどいですね…。

もし、「アタリマエのことができないなんて…」と凹んでいる人が『やろうとしていること』は、他の人にはできない特別なことかもしれません。
それってものすごい能力の持ち主なのに、自分ではその素晴らしさに気づいてない…なんてもったいない〜〜!

アタリマエが「しんどさ」にも「強み」にもつながっている…。
捉え方次第で随分と変わってきますね。

細かい所までアタリマエを作らずに枠をがば〜〜っと外したら…自分の自由度がアップしそうな気がします。

私自身、ここ数年、自分や家族が体調不良だったり他の要素もあったりで
一般言われるような「アタリマエ」が『できない』状態が続いていたのですが(あ、今も一部は継続中)
厳しい状況に鍛えられたせいか?、今では捉え方が
「生きてるだけで丸儲け〜♪自分の手足が動く、見える、聞ける、食べれる、話せる、それがとっても感謝だわ〜♪」
へと(ちょっと極端ですが)変わったので、さまざまな出来事の受け入れ範囲が広がってきているなー、と感じています。

20111205

みなさんのアタリマエは何ですか?
それはただ『違う』だけ。
「人は違う」ことを意識していると、グラグラと自分がぶれなくなるなると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ