動くと変わる。ポイントはタイミングと動機。

畑です。

最近、タイトルの「動くと変わる」をまさに実感している毎日が続いています。

私はここしばらく、家族や自分の体調不良や周囲の他ごとのサポートのため、コーチングに関わること、自分のやりたいことをお休みしていました。
以前はいろいろ活動していたのですが、頑張って活動すればするほど、状況は悪くなっていきました。

なぜ悪循環に乗っかったか?
自分のやりたいこと、やらなきゃいけないことに集中しすぎて、生活の土台である家庭、家族、そして自分をしっかり見ていなかったと考えています。
見ているつもり、できているつもりだっただけ。

実際は活動をお休みしたというより、どうにも動かなくり停止した状況。
1年半程前から悪循環にはまり、停止状態は1年強くらいの期間になると思います。

停止して生活の土台に集中したら、徐々にですが環境が整ってきました。
そこで秋頃から、また少しづつ動いてみました。
「どーせ無理」の怖さを持ち続けながら。

まず自分にコーチをつけて、さらにコーチングのトレーニングに参加。
その後、気になっていたブログを再度立ちあげ、集客セミナーに申し込みました。

すると…曇っていた自分の眼が、少しずつクリアになってきました。
コーチとしての課題もはっきりとし、何より人とのご縁が急増しています。

自分の意志で動くと、必ず変化します。
そして、不安の気持ちを抱えながら動いてもいいのだ、と…。

以前の体験を活かしたいので、せっかく頑張った自分の動きが悪循環にはまらないポイントは何だろう?と考えてみました。

○動くタイミンが合っているか?動く準備がある程度整っているか?
私の場合は家族と自分の心身の健康状態でした。

○動く動機が何かちゃんとわかっているか?
ただ何でも頑張ればいいとは限らない。
エネルギーと時間の浪費ではもったいない。
頑張る「もと」がみえ、建前、妙な競争心などだと危険度はさらに倍!←ダービー状態だわ…って年齢を感じさせるコメントだな(笑)

私自身、一生懸命取り組んでいることに夢中になり過ぎないように、生活の土台をしっかり固めながら活動しくことを意識しています。
私の場合、やり過ぎアンテナを立てよう。
私は性格がまじめな人なので(笑)、個人的には煽り系に気をつけるかな。
一生懸命頑張る時ほど実は煽りに乗ってるのではないか?をチェックしよう。
どんな理由でつぶれても、全ては自らの選択、自己責任だから。

私が停止状態の中でも、こちらの事情を理解して下さった上で、個人セッションや勉強会に参加して下さっている皆様には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです…(涙)
ありがとう。


てか、今日は土曜やん。土日は家族優先でブログ更新お休みと思ってたのに…私書いてるやん。ふふふ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ