教え上手1〜オンライン英会話のレッスンを通して〜

畑です。

実は私、世界進出のために(笑)
ホテルのフロント勤務時代から細々と英語学習なるものを続けています。
途中でブランクもあったりしてますが。

ここ数年Skypeを利用したフィリピン人講師のオンライン英会話スクールもどんどん増えてきて、低コストで会話を実践できる環境も整ってきてますねo(^▽^)o

私も以前は毎日受講していたんですけど、ここ1年ほどは多忙でお休み。
でも、どうしても再開したくて、今年10月からあるフィリビン人の先生に週2回(レッスンを受けています。

この先生、アジア圏やヨーロッパ圏の方へのESL講師歴10年のベテラン。
指導力が高く、教えるツボをよくご存知。
ツボのカードをたくさん持ってらっしゃるな、と推測しています^^

会話メインの授業の時には、先生指定のテキストを使ってレッスンしているのですが…
(現在使っているのは韓国で出版されているディスカッション用テキスト)

先日の授業で
私「先生、今回の記事は、肝心のキーワードのこの部分が理解できなかったんです。単語の意味はわかるけど、センテンスになったら意味がわからない…」←と文法ミスだらけの英語で言う(汗)

先生「OK!この文章を別の例えで説明するならね…」

と、私がイメージしやすい別の具体的な話に言い換えて説明してくれました。

おお(☆。☆)
すっきり納得!

相手が理解しやすいように、わかりやすい比喩を使ったり、別の表現に言い換える方法は、コーチングでも頻度の高い手法のひとつ。

なんだ、そんなの誰でもよくやってるやん!と思われるかもしれませんが
相手が理解しやすいように!伝えるって部分がポイントです。
人は自分の考えのフィルターを通してから話を発信しますから…。

相手をよく知る。
これが出来ていないと「自分で合わせたつもり」だけの結果となります。

このシチュエーション、勉強の時だけでなく本当に様々な場面で活用できますよ〜。
皆さんの環境に当てはめてイメージしてみてくださいね♪

20111130


先日飾ったお家のツリー☆

明日から12月ですね。
1年経つって、歳を重ねるごとにホント早くなる…(;^_^A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ