気持ちは沈んでもいい。でも…

畑です。

園児さん、本日やっと熱が下がりました。
今回はなんとか入院回避できました。
もうしばらく静養は続きますが、まずは落ち着いて本当によかった…。

こんなときはいつも、私の気持ちは沈みます。
あれだけ気をつけているのに、今回も園児さんの体調管理ができなかった…
また自分の仕事を優先し、園児さんに意識が向いていなかったんだ…
高熱の彼を見て、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

自分が思っていたようにいかない時、気持ちが沈むのは当たり前。
いつでも前向きに!がいいのは十二分にわかっている、でも…。

私は気持ちが沈んでいいと思っています。
感情が自分の心に素直に反応しているのです。

でも「ずっと引きずってもいい」のではありません。
沈んだ気持ちはある程度味わったら、それ以降は何かへの被害妄想へ変化していきやすいです。

もうひとつ、沈んだ気持ちに「ふたをすればいい」のでもありません。
自分の気持ちに向き合わないと、経験からの学びはありません。
また、無意識にその気持ちがどんどん溜っていき、いつか大爆発するかもしれません。

沈んだ気持ちを十分味わったら、また歩き出します。
「やる」へ歩き出すか、立ち止まって「やらない」か。

肝心なことほど、答えはシンプルです。

“気持ちは沈んでもいい。でも…” への6件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    畑さん、息子さんのお熱が下がって本当に良かった。
    長かったですものね。。看病お疲れさまでした。
    気持ちとの付き合い方、私も同感です。
    どんな気持ちも、自分から生まれた大切な物ですもんね〜。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    子どもが小さいと大変ですよね。
    特に体調を崩すと、いろいろと考えてしまします。
    私も畑さんの気持ちとの付き合い方に同感です。
    お互い小さい子供の親、がんばりましょうね〜☆

  3. SECRET: 0
    PASS:
    お子さんのお熱下がってよかったですね。
    お大事になさってください。
    子どもが病気になるとつらいですよね。
    かわってあげられないし、母である自分を責めてしまったり。
    最近は、それだけ育児に頑張ってる証拠!と自分に小さくエールを送ってみたりします。
    落ち込んでもいい。でもそこで止まるか進むかで違ってくる。記事の言葉、身に沁みました。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >朝霞でおうちリフレ〜小さな幸せのきっかけに☆さつきさん
    ありがとうございます。
    園児、高熱が長引くタイプで…よく苦戦するのです(汗)
    そう、どんな気持ちも自分の気持ち。
    やっぱり向き合いたいんですよ〜^^

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >どんどん挑戦☆伊藤貴子さん
    小さい子供は自分で体調管理がむずかしいだけに
    体調崩すといろいろな部分でがばっと親にのしかかってきますよね(;^_^A
    共感していただけることが、私の心の支えになります。
    ホントお互い頑張っていきましょうね^^

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >【伝わる・伝える】楽しい文章のコツをお届け☆上原千都世さん
    つい自分を責めがちなんですが…
    自分に小さなエール!
    素敵です〜☆
    追いつめられた時こそ自分にエールを送ろうと思いました^^
    ありがとうです☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ