立ち止まってもいいけど忘れてはいけないこと。

畑です。

長引いた園児さんの熱が下がると、緊張が解けたせいか私にドッと過労の波が押し寄せています。
思考停止。
体の動きも鈍い。
旅先での出来事だったので、いつも以上にお仕事も家事もたっぷり作業がたまっています。
体力回復のための休息が必要だなぁ…と感じます。

コーチングと出会う前の私が、今の状況にはまったら…きっとすごく焦って一人であっぷあっぷしていると思います。
自分を必要以上に責めたり、他責に走ってたりするかも。

でも、コーチングを体験してからの私は徐々に変わり、そしてコーチになった今も変化しています。
たくさんの視点を持つことを…。
自分の思い込みや枠を手放すことを…。

昨日のブログ記事に「やる」へ歩くか立ち止まって「やらない」かと書きました。
今の私は立ち止まった状態。もう何にもしたくない(笑)
でも大丈夫なんです。
それはなぜか?

立ち止まった状態でも、進んでいく方向がわかっているから。
行き先を見失っていないからです。

焦りを感じた以前の私は、自分がどこに行けばいいのかすらわからなかった。
だから不安になって、焦ったり人のせいにしたり。

でも。
コーチングを知ってからは、生きていく途中には休憩も必要とわかりました。
今の立ち止まりは、エネルギー充電方法のひとつなんだと…。

立ち止まってもいい。
だけど、自分が歩いていきたい「行き先」は忘れないで下さい。

“立ち止まってもいいけど忘れてはいけないこと。” への2件のフィードバック

  1. より:

    SECRET: 0
    PASS:
    月の日などは、生理痛がひどいので何もしたくないしやる気も出ない。
    しなければいけないことも後ろ向きで。
    健全な精神はまずは健全な身体からですね!!
    看病お疲れ様でした。
    とりあえず立ち止まってゆっくりすることも大切ね(^-^)/

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >界さん
    を今回も痛感している私です…とほほ(汗)
    私も体調に左右されるひとりです。
    日々自分と向き合えているなら
    やる気出ない時にはゆったりのご褒美も必要なんだと思いました^^
    いつもありがとうです☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ