「おれさま」化しないためのコツって?

畑 久美子です

以前記事に、自信とは「自分を信じること」と書いた記憶が…。
(どの記事か忘れた

自信がみなぎっている時、それすなわち絶好調

でも、絶好調が過ぎると…「おれさま」状態がお出ましになる気配が…

昨日も書きましたが、私のおれさまのイメージは、強いとか、高圧的、が浮かびます。
感じ方は人それぞれですが、何となく好感度は低い…。

でもおれさまは、ある意味自分の土台がしっかりしている状態。
(と、前回も書いた。)

実は、軸がぶれずに、しっかり自分を発信している。
それは、自分の土台に自信がないとできないこと…。


Red Arrows / gustaffo89 方向バラバラの発信ではわからない。

おれさまって、何でイメージがイマイチなのかな…? 

 思いやりのバランスと方向は?

思いやりのバランスと方向。

おれさまも、他者を思いやるバランスがとれている時は、おれさまに感じないのでは?
思いやる気持ちから、感謝と愛が生まれる…。

つまり、おれさま状態は、他者への思いやりが一方通行か、ベクトルの方向がずれている状態。

せっかく思いやりがあっても、相手が感じ取れないと残念。
相手に伝わる表現を、工夫したいところです。

 思いやりのベストバランス

人との関係、思いやり、バランス。
お客様との関係性なら、ホスピタリティにもつながる。

あなたの思いやりのベストバランスとは、どんな状態ですか?
過剰な負担にならず、自然に気持ちを伝えることができる、思いやりのバランス。

そのバランス、感じ取りたいです

「おれさま化しないためのコツって?」の苗

●思いやる気持ちのバランスと方向を確認 
●自分の思いやりのベストバランスとは?
 ● 思いやりのベストバランスは、自分が意識して感じ取る


自分の心地よいバランス、知ってる?

目指すはセルフコーチング!ぶれない自分の土台作りに役立つ、いろんな種類の苗を植えてます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ