お客様が感じる違和感からわかるのは、お客様の…ふふふ〜♪

はたくみです

|その違和感を感じた時に、自分の普通を書き留めてみる。

連日このネタを引っ張っていますが(汗)
今日はお客様の視点で書いてみる。

お客様が感じる違和感。
それはクレームというわかりやすい方法で表れることもあれば
遠回しの言葉や
表情や視線とか
動きや仕草からも
違和感をキャッチすることができます。

お客様の違和感を察知することは、大切です。
なぜって?
その違和感から、お客様のリクエストが読めるから。

約束

↑この英語は読めた。そしてメッセージに心が染みる…

そんなん知ってるわー!
という方は多い。

じゃ、実際に察知して、そのリクエストをお客様に反映していますか?
とたずねると…どうだろう?

少なくとも私がホテルマンだった頃は
何年たっても
リクエストに100%応えることはできなかったっす。

お客様の視線がふと外れた時
ちょっとした『ためいき』
急にテンションが上がった時

それは大きな違和感の前触れ。

お客様のリクエストを読む力。
お客様と関わるお仕事の方は、ぜひ高めて頂きたいと願うのです。

「お客様が感じる違和感からわかることは?」の視点

●お客様の違和感から、お客様のリクエストが読める 
●実際に察知して、お客様のリクエストを反映している? 
●流れと違う小さな動きが、大きな違和感の前触れ

「影響力を高める」前に「可能性を信じる」
あしたてんきになあれ☆

人と仕事と生き方につながるコミュニケーション。
つながる力を育てよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ