お客様に提供できるボーダーラインはどこ?

畑 久美子です

>自分が提供できることが何かをもう一度振り返ってください。
>規定から外れたサービスは、どんなに頑張ってもできません。

と書いた先日の記事

そう、規定外のサービスは、できない。

・まけて!
・もう一個つけて!
・もっと大きいのに変えて!

えええー

では、自分が提供できることのボーダーラインは、はっきりしていますか?

lines
lines / loop_oh 交通規則は守りましょう!

 ボーダーラインがはっきりしていると、仕事の質も気持ちも安定する

どんなお客様に、
何を、
どこまで提供するか?

このボーダーラインを、自分の中ではっきりしておくと、仕事の質も、仕事に向かう自分の気持ちも、安定します。

 ボーダーラインがわかると、個別対応ができる

このボーダーラインは、お客様を差別するものではありません。
しかし、条件によって、提供できる内容が違ってくることは確かです。

提供できるボーダーラインがはっきりしていると、よりニーズにあった個別対応ができるのです。

ボーダーラインと個別対応は、とても密接に関係しています

「お客様に提供できることのボーダーラインはどこ?」の苗

●ボーダーラインの明確化で仕事の質と気持ちを安定 
●ボーダーラインがわかると、個別対応ができる 
ボーダーラインと個別対応は、とても密接に関係

目標設定も約束と同じ
仕事と生き方をつなぐコーチング!
〜心の揺れに強い「自分の土台」を創り、お客様との関係性を高める苗(視点)を植えてます☆〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ