他者の「してほしいこと」と、自分の「やりたいこと」を混同しない

はたくみです

日曜に心にたずねてみたこと。
それは、やらねばならぬことなのか?
それとも、やりたいことなのか?

それを書きながら、合わせて感じたこと。それは…

『他者が「してほしい」とリクエストしていることが
自分の「やりたいこと」とは限らない』

というもの。

Distinction
Distinction / Phillie Casablanca 一見近いけど違うんですよ。

他者の話すことに「なるほど~」「そうなんだ~」と感じても
「だから、こうした方がいいって!」のリクエストに応えるかどうかは別物。

最もな話でも、自分のやりたいこととは違う場合があります。

「こうした方がいいって!」と感じているのは、自分ではなく相手の人。
そう、自分ではないのです。

「なるほど~」と感じる最もな話なので、
ついリクエストに応えてしまいがちになりますが…

応える前に、ホンの数秒でも、
「で、自分のやりたいことは何?」
「どうしたい?私」
と問いかける。

これが、もやもや予防のコツのひとつだったりします。

「他者の『してほしいこと』と自分の『やりたいこと』を混同しない」の視点

●他者のリクエストが自分のやりたいこととは限らない
●これがいいと感じているのは自分ではなく相手
●応える前に一瞬でも自分はどうしたいのかを確認する

クライアントさまからのうれしい報告1

人と仕事と生き方につながるコミュニケーション。
つながる力を育てよう!
あしたてんきになあれ☆



◎追伸
さて、さんまを買いに行こう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ