受信力と直感の関係(ちょっと脱線ネタ)

畑 久美子です
さて、前回に続き「人から受信する力を高めるには?」では
 選り好みしすぎない
 選ばない理由をはっきりする
といったことを書きました。
で、ふと思ったのが「直感」のこと。
「直感で決めました」とか「直感が正しかった」とか。
選ぶ時に、直感を使うことも多い。
直感って、はっきりしているような、あいまいなような…。
直感が活きる時ってどんな時なんだろう??
 直感のもとは問題解決力
直感って、今までの経験を総動員して、瞬時におっ と気づくこと…。
例えば、初対面の方に会った時に、おっきっと仲良くなれる!と確信するとか。
初対面なのに仲良くなれるとわかるのは、今までそのタイプの方々と良好な関係を築いてきた経験があるから
無意識に、瞬時にわかるんですね

無意識ではなく、意識してよく使う問題解決系のスキルっていろいろあります。
ビジネス系では、ロジカルシンキングとかマトリックス思考とか…何だかいっぱい。
仕事の中で、普段から手順を踏んでロジカルに問題解決を続けることも、実は直感につながります。
自分は直感で選んだと思っていても、実は、いつも使う問題解決力を瞬時に回転させて、ベストな方法を選んでいるのです。
直感のイメージが「何だかよくわからない」から「経験を積み重ねた指標」へと変わる。
直感を高めるために、さまざまな経験と積む。
自分で感じ、自分で考える力が、直感を高める。
直感を高めると、瞬時に選択しやすくなる。
そう考えると、どんな経験も、自分の学びにつなげるように捉えたいな〜、と感じるのです
「受信力を直感の関係」の苗

●直感のもとは問題解決力 
●普段から問題解決力を鍛え、直感を高める
●直感を高めると瞬時に選択しやすい

自分で感じ、自分で考える
目指すはセルフコーチング!ぶれない自分の土台作りに役立つ、いろんな種類の苗を植えてます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ