受信力を高める2つのこと その1

畑 久美子です
さて、前回の最後に「お客様となるターゲットへ自分を発信することと、自分が学びのために受信することは別物」と書きました。
受信という言葉が出たので、受信する力をテーマに書いてみよ。
受信する力を高めるのに必要なことって何かな…?
今日はその一つ目。
 選り好みしすぎないこと

これは昨日書いた「私とは関係ない」と、自らチャンスを捨ててると同じ意味になります。
もちろん、相性もありますし、好みもある。
自分の感覚を研ぎすまして選ぶことも必要です。
生理的に厳しいのに「絶対に」「全て」受け入れないといけない!なんて言いません。そんなのゴーモンだわ
じゃ、どう選んだらいいの?
 選ばない理由がはっきりしているかどうか?

「ちょっと違う」「何かイマイチ」と流していることはありませんか?
スルーする時の理由を、自分である程度理解しておくと、チャンスを逃す率が減っていきます。
前回、例として
「お客様のターゲットを絞る」ことをあげましたが
ターゲットを絞る時によく言われる
「理由をしっかり明確化して!」
「誰にでもわかるように厳格にはっきりさせて!」
そこまでパッキリする必要はありませんよ(笑)
自分で「そう、あの時はこんな理由でパスしたんだった」と、思い出せるくらいにしておく。
選ばない理由、選ばない目的を自分でわかっていると、あとで「聞いときゃよかった」と、後悔することが少なくなります
「受信力を高める2つのこと その1」の苗

●選り好みしすぎないこと 
●選ばない理由をはっきりする
●選ばない理由や目的がわかっていると後悔が少ない

自分の心地よいバランスって、知ってる?
目指すはセルフコーチング!ぶれない自分の土台作りに役立つ、いろんな種類の苗を植えてます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ