「おれさま」VS「もやさま」

畑 久美子です

先日の記事に「もやさま」が出てきたので思い出したこと。
それは以前から感じている、今までとちょっと違う視点。
「おれさま」と「もやさま」について。

時々見かける「おれさま」風な方。
強いというか、高圧的というか。
態度がおれさまの方もいれば、内面がおれさまの方も…

そこで、少し視点を変えてみる。

おれさまな方の話をよく聞いていると、ご自身の意見に一貫性がある場合も…。
しっかりした価値観から、話をしているというか。

極端に言えば、ある意味、自分の土台がしっかりしている方かも、と。

Strong Revolutionary Lift / JD Hancock つよそー!

そんな視点で見ると
もやさまがお出ましになる時は、やはりどこかしら土台はぶれているのです。

もやもやしている時にお出ましになる、もやさま。
自分がどっちに向いて歩いているか、わからない状態

Going down / n0nick まっさかさま(イヤだー!)

 心の土台って自由自在に変化する

自分の土台の状態で、もやさまが出てきたり、おれさまが出てきたり。
土台は自由自在に変化します。

つまり、おれさま呼ぶのも、もやさま呼ぶのも、自分次第。

 自分のベクトルはどこに向けるか?

おれさまにベクトルを向けるか?
もやさまにベクトルを向けるか?
それとも、なりたい自分にベクトルを向けるか?

ベクトルを回転させる土台を作るのも、自分自身。
あなたは、どんな土台を作りたいですか?

「おれさまともやさま」の苗

●心の土台は自由自在に変化する
●その土台を作るのは、自分のベクトルの方向次第
● どんな自分の土台を作りたいか?

目指す方向がはっきりしたら、どうなる?
目指すはセルフコーチング!ぶれない自分の土台作りに役立つ、いろんな種類の苗を植えてます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ