「取り組んでる自分」を応援して。

畑 久美子です

ここ数日、「いつまでにするか?」とか「やってみたら何だか違う」とか、そんなことをグルグル書いてるんですけど。

ついでに、もうひとつ、グルグル書いてみよ(笑)

— やってみたら何だか違った。
— うまくできなかった。

最初はやる気満載、モチベーションが高いからこそ、こんな時はちょっと凹んでしまいがち。

あ、なんだかちょっと、凹んでるんな、私。

そう感じたときこそ、思い出してほしいことがあります。


Cheer up you guys / quinn.anya 笑顔の応援♪

 やってみること自体が、とても大切

もしやらなかったら、何だか違うことも、やり方があっていないことも、いつまでも気づくことはできません。

「やってみる」こと自体が、とても大切なことを、思い出してほしいのです。

 違和感と同時に、取り組んでる自分に意識を向ける

「なんだか違う」と同時に、ぜひ「取り組む自分」にも意識を向けて下さい。
そして、「取り組む自分」にOKを出してほしいのです。

もし、どうすればわからないなら、ちょっと立ち止まって考えてみる。

大切なことは、「取り組む自分」感じてみること。
それが、自分を応援していることにもつながるのです。

「取り組んでる自分を応援して」の苗

● やってみること自体が、とても大切 
● 違和感と同時に、取り組んでる自分に意識を向ける 
●「取り組む自分」感じることは、自分の応援につながる


仕事と生き方をつなぐって?

仕事と生き方をつなぐコーチング!
~心の揺れに強い「自分の土台」を創り、お客様との関係性を高める苗(視点)を植えてます☆~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ