つい「大丈夫!」と言ってしまう前に確かめたいこと。

はたくみです

むー。
相変わらず、のどが痛いです。
お大事に♡の暖かいコメント、皆様ありがとうございます!

のど痛で、思い出したこと。

体調不良やケガをしたをした時
ちょっと落ち込んで元気がない時
周りの方に「大丈夫?」と言われたら…

コミュニケーションを学ぶ以前の私なら、確実にこう答えていました。

「大丈夫、大丈夫!」

それも笑顔で。
大丈夫じゃないくせに。


I AM OK! / radiant guy いや大丈夫じゃないやろ。切れてるし。

相手にいやに思われたくないから、つい大丈夫と言ってしまう。
人に心配をかけてはいけないから、つい大丈夫と言ってしまう。

これ、自分で作った思い込みです…。

つい「大丈夫」と言ってしまう前に、確かめてほしいこと。
それは…

自分は本当に大丈夫かな?

本当はサポートを求めているのに、大丈夫と言っていては、サポートは得られません。

大丈夫じゃない時に、大丈夫じゃないと言っても、
本当は大丈夫なこともあります。

自分の内側の声に、耳を澄ます。
心と言葉の一致。

言葉にする前の、自分とのコミュニケーションは
他者とのコミュニケーションの大切な準備だと感じるのです。

「大丈夫!と言ってしまう前に確かめたいこと」の視点

●自分は本当に大丈夫かな?
●その大丈夫は、他者を意識した思い込みではないか?
●確認=自分の内側の声に耳を澄ます作業

人と仕事と生き方につながる力を育てよう

人と仕事と生き方につながるコミュニケーション。
つながる力を育てよう!
あしたてんきになあれ☆

◎追伸
今日の私、大丈夫か?(お医者行く??)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ