ブログ更新をさぼりたいとつぶやいてわかった、もうひとつの大切なこととそのコツ。

はたくみです

|ブログ記事のネタに困ってさぼりたくなったら
|視点を変える質問を自分に投げかけてみよう

そんなことを書いた昨日の記事は
なぜかtwitterのクリック数がグンと多かった(笑)

お世話になっているプランナーさんの
|そんな時は、さぼりたいという気持ちを書くといいよ♪
とのコメントから改めて気づいた、もうひとつの大切なこと。

『自分の気持ちを発信すること』

どんぐりさん

↑会話は他者がいてはじめて成り立つ。

私はコーチという仕事柄、普段の会話でも、何と無しにコーチングを意識します。

畑さんと話してたら、コーチング受けてるみたいで得した気分♪
とか言われたり^^
自分がセッションを受けてる時に、なぜか先方の話ばっか聞いてたり(笑)

相手主体で、何となく自分の気持ちを発信してないなー、と気づいたのです。

自分の気持ちを発信する。

ブログの読み手は、役立つアイデアだけ知りたいわけじゃない。
正論だけでは、人の心に届かない。
つらかった、悲しかった、しんどかったを発信してもいいと思うのです。
そこに一歩前へ進むヒントがあるなら。

でも。
発信するには、ちょっとしたコツがあります。それは…

『愚痴のドッジボールはしない』

相手に気持ちをぶつけるだけでは、有機的なものは生まれない。
自分の気持ちを発信することで
お互いに一歩前へ進めるといいなぁ…と願うのです。

「さぼりたいとつぶやいてわかった大切なこと」の視点

●自分の気持ちを発信すること 
●コツは愚痴のドッジボールはしないこと
●お互いに一歩前へ進むための発信 

ブログ記事のネタに困った時、正直にさぼりたいとつぶやいたらわかったこと。

あしたてんきになあれ☆

人と仕事と生き方につながるコミュニケーション。
つながる力を育てよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です