自分にあう時間管理の方法を見つけるコツ1

畑 久美子です

では、今回も先日に続き「時間」ネタを。

先日の時間ネタ記事の中で、自分にあったやり方を見つけると、やる気も出て続けやすい、と書きましたが…。

自分にあったやり方を見つけるのが、難しい…実は私も。

自分にあう時間管理の方法を見つけるコツって何だろう…?

 何があれば、時間管理ができたと実感できる?

今まで、どんな場面で「時間管理できてるな〜」と感じたことがありますか?

例えば、
・やることをリスト化して準備すると、順調に作業できる
・事前に作業の終了時間がわかると、安心して取り組むタイプ
・手帳やソフト(アプリ)で予定をしっかり管理すれば、予定に沿って進めることができる
・作業を細かく書き出すと、やることがはっきりして、はかどる
・作業はざっくりとわかる方が、時間の融通がきき、はかどる

To-do list book. / koalazymonkey
いろいろなタイプがありますね。
今まで、いい感じで時間管理ができたことを振り返ると、どんなことで実感できたのかに気づきやすくなります。

 いつ、何を、どの程度、するのか?

そんな具体的なラインをはっきりすることで、時間管理のやりやすさも変化します。

例えば
・ダイエットのために、朝時間を利用して運動したい
と思っている…。

やりたいことははっきりしていますが、内容をより具体的にすると、さらに実行しやすくなります。
例えば
・あと1キロ落とすために、毎朝6時から20分間、公園でランニングする
とか。
Jogging
Jogging / Denis Todorut


やることを具体的にするほど、行動しやすいですし、できたことを実感しやすいです。

んー、まだあるので、残りは次回に

「自分にあう時間管理の方法を見つけるコツ」の苗

●今まで時間管理ができたと感じるときを振り返る
● いつ、何を、どの程度「する」のかはっきりする

目標設定も約束と同じ
仕事と生き方をつなぐコーチング!
〜心の揺れに強い「自分の土台」を創り、お客様との関係性を高める苗(視点)を植えてます☆〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ