自分の時間の確保も「それは自分しかできないことか?」がタイムマネジメントの鍵。

畑 久美子です

ひとりで仕事を抱えず、周りに一言、現状を伝えてみよう。
そんなことを書いた昨日の記事ですが。

これって、お仕事だけに限らず、タイムマネジメントの全てに通じることです。

時間がない。
自分の時間が確保できない。

そう感じている人は多いです。だからこそ、

・自分の時間がとれだけ必要かを書き出してみる。
・自分の時間と、他者の時間を分けてみる。

そんな作業は、地味だけど「自分の時間を知る」には有効。


tour schedule / grenade 6月29日は結婚記念日(笑)

もし、他者の時間が多いな、と感じたら、自分に問いかけてほしいのです。

「それは自分でしかできないことなのか?」と。

他者の時間が多くて、自分の時間を確保できないなら…

・今、自分が抱えていることを、外へ伝えてみる

ひとりで仕事を抱えないコツと同じ。
周りの人に、今の自分の状況を伝え、協力をお願いしてみることが、タイムマネジメントの鍵となります。

自分ひとりで背負うのではなく、周りの人と共に背負ってみる。
共に背負うことで、新しい価値が生まれることもある。
そうして、人とつながること自体に、価値が生まれるのです。

自分にしかできないことって
実は少ないのかもしれません。

「自分の時間の確保」の苗

●それは自分でしかできないことなのか?
●自分の状況を伝え周囲に協力をお願いしてみる
●共に背負うことで、新しい価値が生まれる

自分の時間と他者の時間を分けてみる

仕事と生き方をつなぐコーチング!
~心の揺れに強い「自分の土台」を創り、お客様との関係性を高める苗(視点)を植えてます☆~



◎追伸
新しいことを始めてみようと妄想ちうの秋。
覚悟を決めよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ