「みんな」と同じような曖昧な言葉も、具体的に表してみる

はたくみです

|「みんな」という言葉は、とてもあいまいな表現です。

|その人のいう「みんな」を
|自分の中にある「みんな」を
|ホンの少しだけ、具体的にすることで
|「みんな」という言葉に縛られず、動きやすくなります。

|(昨日の記事より

この手の、曖昧で便利だけどやっかいな言葉は、他にもあります。

・誰でも

これは「みんな」と同じような使い方をしています。
そんなの誰でも知ってんで。
…上から目線やな(汗)

「誰でもって、ダレ??」

・いつでも
・いつか
・いつも

時間や習慣での曖昧な言葉。

いつでもできるから。
いつかできるから。
いつもしてるから。

…だから何?(汗)

「いつでもって、いつ?」
「いつかって、いつのこと?」
「いつもって、どんな時?」


Someday I will Fly with You . . . / NJ.. いつか飛びたいと願う人もいるけど…

あいまいな言葉を使う時は
なんとなく不安だったり、確証がもてないことが多い。

そして、言葉の捉え方次第では、
自分が安心できたり、かすかな未来を描くことができる。

でも…あいまいなことに、変わりはないのです。

曖昧な言葉を、具体的に描くことは
不安や確証のなさを手放し
動きやすくなるコツだったりします。

想うから、形にするへ。
かすかな未来だけでなく、リアルな未来を描こう。

「「みんな」と同じような曖昧な言葉も、具体的に表してみる」の視点

●時間や習慣での曖昧な言葉 
●不安だったり確証がもてない時に使う 
●具体的に描くと不安や確証のなさを手放し動きやすくなる

クライアントさまからのうれしいご報告

人と仕事と生き方につながるコミュニケーション。
つながる力を育てよう!
あしたてんきになあれ☆



◎追伸
いつも安全な生活を送る。
この「いつも」は毎日、毎瞬という意味やね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ