多様性って何だろう?

はたくみです

「人と違っても笑顔でいられる環境」と書いた昨日の記事
それすなわち、多様性のこと。
多様性って何だろう?

多様性。
ビジネスでは「ダイバーシティ」と言われることも多い。
Wikipediaで多様性を調べてみると、こう書かれてある。
「幅広く性質の異なるものが存在すること」

生態学上と社会学上で意味が異なる部分ようだけど、私たちの日常で捉えるなら社会学上での意味が濃くなる。

基本的な考え方は
・個人の「違い」を尊重する
・「違い」から価値を見出し、それを活かす
・活かすことで変化し続ける環境や関係性を良くし、さらに向上や創造を生み出す。
といったところかなぁ。

LIFE
↑これも多様性の大切さを伝えるもの。

先日の京都チャプターの新年会でも、関係性についての話題の際に多様性というキーワードが出ていた。

年齢、性別、国籍、出身地、見た目、育った環境、職業、考え方、価値観、性格、特性、ライフスタイル、好み…
すべてが自分を表すもの。

多様性と言うと日常とは少し距離があるようにも思えるけど、「人と違っても笑顔でいられる状態」と言うと生活に密着している感じがする。
日本人によくある「自分は抑えて相手を思いやる」は、多様性とか尊重とはちょっと違うと思う。

日常で感じた多様性には、どんなものがあるか?
そこから、どんな価値を見出すか?
そこには生きる上で肝心なヒントがあると思うのです。

=====
あしたてんきになあれ☆
人と仕事と生き方につながる力を育てよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ