100の捉え方を持つと、相手を変えたいと感じる必要もなくなります。

畑 久美子です

やっと、少し疲労感や筋肉痛が抜けてきました…。
どんだけ時間かかってるねん、という感じもしますが。
疲れのヌケ具合で「歳を重ねたのね。」と感じる40代(笑)

昨日、100の捉え方ネタを書きました。
今日も、関連ネタを書きます。

|もし、自分の捉え方が100種類あったら?

|1つだけなら、それを選ぶしかない。
|2種類あったら、白黒つける選択しかできない。
(昨日の記事より)

良い悪いだけで判断すると、その影響を受ける周りの方はつらい。
人から、思い切り自分をジャッジされてしまうのですから。


359/365 Which way to go? / stuartpilbrow どっちへ進もうか…?

でも…なによりつらいのは、相手をジャッジしている自分自身。

心の根っこでは、相手をジャッジしたいわけでもないのに、
捉え方の選択肢を1つか2つしか持ってないから、
結局、したくもないジャッジを「することしかできない」のですから。

もし、自分のとらえ方が100種類あったら…
相手を変えることで、自分の道を切り開く必要はなくなります。

相手を変えなくても、100ある捉え方の中から、一番フィットするものを選ぶことで、自分の道を望む方向へ進んでいくことができるから。

すると、自然に、相手を変えたいと感じる必要もなくなります。

100種類の捉え方を集めることを楽しむ。
それは、自分の未来を広げることにつながります。

「100の捉え方を持つと相手を変えたいと感じる必要もなくなる」の苗

●良い悪いだけの判断でつらいのは自分自身
●100の捉え方を持つと、その時自分に一番フィットする選択ができる
●相手を買えることで自分の道を切り開く必要はなくなる 

100の捉え方を持つと、良い悪いだけで判断しなくなります。

仕事と生き方をつなぐコーチング!
~心の揺れに強い「自分の土台」を創り、お客様との関係性を高める苗(視点)を植えてます☆~

◎追伸
冷えないように、体もあったかで^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ