ブログ記事のネタに困った時、正直にさぼりたいとつぶやいたらわかったこと。

はたくみです

2月に入りました。
夏の終わり頃から、無事に毎日ブログを更新しています。
嬉しいです。
21日間続いたら、習慣として定着しやすい。
そんなことも聞いたことがあります。

とはいえ、正直ネタにつまることも時々あります。
先日twitterで「さぼりたい」とつぶやいたら
エロ反則 販促プランナーさんがこんなお返事を下さいました。

|さぼりたい気持ちを書くこと
|そんな時にどんなコーチングアプローチがあるのか
|を書くもネタでっせ~^^

書き書き
↑さすがアイデアマン!こうして書けたよ。ありがとー!

さぼりたい時
ネタに困った時
どんなコーチング的アプローチがあるだろうか…?

そう考えて思い浮かぶのは、
『視点を変える質問』を問いかけてみること。

・今の気持ちを書いて、その気持ちにお仕事的アプローチをするなら?

プランナーさんの問いかけは、気持ちをお仕事と掛け合わせた視点。

・今まで一度も書いたことのないジャンルの記事はなんだろう?
・何度でも伝えたい大切なことはなんだろう?

新たなチャレンジに視点を置いたり。
軸として大切にしていることを振り返る視点を置いたり。

・最近読者の反応が大きかった(多かった)記事のテーマはなんだろう?
・読者が読んでみたいテーマってなんだろう?

読者さんの立ち位置に視点を置いたり。

・以前書いたネタでもう一度書いてみたいことってなんだろう?

過去記事の振り返りに視点を置いたり。

なんでだろ~ぉ、なんでだろぉ~♪
視点を変える質問は、動きにくさから抜け出すことができます。

ただ、自分で自分の視点を変える質問をすることは
停止した思考の中から作り出す必要があるので
難しく感じることも多いです。

本やネットなど情報の刺激を与えてみる方法もあるけど
膨大な情報量の波にのまれネタにたどり着かないことも多いかも。

そんな時は、他者にたずねてみるのも方法のひとつ。
こんなことで困ってるんですよー、と。

他者の視点って、ありがたいです。
自分では見えない世界を伝えてくれるから。
今回の私のように(笑)

視点を変える質問。
それは、今まで見たことのない世界を見るきっかけになるのです。

「ブログ記事のネタに困った時」の視点

●『視点を変える質問』を問いかけてみる 
● 他者にたずねてみるのも方法のひとつ
●今まで見たことのない世界を見るきっかけ

はじめての方へ

あしたてんきになあれ☆

人と仕事と生き方につながるコミュニケーション。
つながる力を育てよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ