得意の英語を活かすための仕事ってなんだろう?

はたくみです

私、英語が苦手なのに、なぜか過去にホテルのフロント勤務をしてまして…。

毎日、外国からのゲストがチラ見えしたら…
さっと隠れる!←そして先輩に引きずり出される(笑)

苦手ながらも毎日悪戦苦闘していたら…
しばらくしたら、どうにか必要最低限はなんとかなるもので。
(あ、当時の私を知る人は、あかんやろ!と言うだろう…)

当時の職場には、帰国子女はフツーにゴロゴロいて
人生で日本に住む方が期間短いとか
3つも4つも言語を話す人とか
私には宇宙人的存在がわんさか(笑)

そんな中、時々聞こえてくるコメント。
「私、得意の英語を活かした仕事をしたかったのに…」

多くは日本人ゲストですから
仕事の中で、英語を使う比率は確かに低いです。

で、そう感じる方はしばらくすると
英語をもっと使える(らしい)職業へ転職していきます。

そんな時、よく思ったこと。

得意の英語を活かすための仕事ってなんだろう?

ほんやく
↑Google翻訳さんにはいつもお世話になってます。

私は英語って、ツールのひとつだと思うのです。
手段のひとつ。

「仕事で英語を使う」ことが「目的」になると
英語圏の海外でお仕事することが前提になるのだろうと。

確かに社内公用語を英語に設定する企業もありますが
それも、企業全体から見るとごくわずか。
配属になる部署によっては、英語は必要ない部もあるでしょう。

○○の仕事には、英語は必須条件。
この「○○の仕事」に魅力を感じ夢中になれるか?

自分にとって「○○の仕事」とは?

この問いから入ることが、肝心なことだと思うのです。

就活、ふぁいとですー!

=====
あしたてんきになあれ☆
人と仕事と生き方につながる力を育てよう!

セッション、やってます
どうしても気になる人はこちらへどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ